2012年1月8日日曜日

パターの極意 パッティングスタイル(打ち方)


「決めた事を実行するためのパッティングスタイル、打ち方はどうしたらいいの?」

打ち方(ストローク)は大きく分けて3種類。

��)ショルダーストローク(肩)
��)アームストローク(手首)
��)ショルダーとアームのコンビネーション

アマチュアの方に多いのは2番アーム(女性)、3番目のコンビネーション。
どちらもフォローで手首を伸ばしてヘッドを出すストロークで、引っ掛けやすくインパクトの強さがまちまちの距離感の出しにくい動きです。

1番の右手首の角度の変わらないショルダーストロークは、距離感が出やすくブレにくいので安定したパッティングになります。
パットが安定しない方は、肩の動きでストロークを意識してみてください。